アルス・ローベントの鑑定スキルについて解説|転生貴族、鑑定スキルで成り上がる

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

転生貴族、鑑定スキルで成り上がる
スポンサーリンク

転生貴族、鑑定スキルで成り上がる 』(てんせいきぞく かんていスキルでなりあがる)は、2019年に小説家になろうにて連載され、2020年にマガポケにてコミカライズされ、2024年4月にテレビアニメ化されました。

主人公、アルス・ローベントについてまとめました。

スポンサーリンク

アルス・ローベント|転生貴族、鑑定スキルで成り上がる

平凡なサラリーマンがある日死亡し、異世界に転生!

スポンサーリンク

アルスの能力『鑑定』

アルスには他の人にはない能力が存在します。

その名も「鑑定」。

ゲームのステータスのように他人の【ステータス】【適正】を数値化して見ることが出来るのです。

しかし、この能力は自分には使えません。

自分のステータス見たいような、見たくないような…

ステータス

【統率】…軍を率いる能力
【武勇】…強いか弱いか
【知略】…頭の良さ
【政治】…交渉・内政のうまさ、調整能力
【野心】…裏切りやすさ

【能力値の目安】
100以上…バケモノ
90台 …… 超優秀
80台 …… 優秀
70台 …… 良い
60台 …… 平凡
50台 …… 微妙
40台 …… 悪い
30台 …… 駄目駄目

適性

【歩兵】 …  接近戦をする適性
【騎兵】 …  騎乗戦闘の適性
【弓兵】 …  弓戦闘の適性
【魔法兵】…魔法戦闘の適性
【築城】 …  城を作る時の適性
【兵器】 …  兵器を扱う時、作る時の適性
【水軍】 …  船上戦闘の適性
【空軍】 …  恐らく空で戦う何かがあるのだろうから、それの適性
【計略】 …  戦況を有利にするための戦術を考えられるかどうかの適性

【能力値の評価】
S~D

スポンサーリンク

優秀な人材を集める理由

転生しこの国の事を勉強すると、近い将来乱世に突入する可能性が高いことがわかりました。

戦になれば、領主として町の人たちを守るため兵を率いて戦に出なければなりません。

領地を守る方法として“優秀な人材”を集め、領地の力を強くすることを思いつきました。

アルス3歳。

国、民を守るための最強領地作りが始まったのです。

3歳で人材集めはすごいなぁ。

中身は3歳じゃないけどw

スポンサーリンク

アルスの優秀な家臣

アルスは、“人種”“女性”“子供”など関係なく優秀な人材をスカウトしました。

リーツ・ミューセス
人種差別を受けているマルカ人。
織田信長に匹敵する能力値を持つ。
戦場では『黒の死神』と呼ばれる。
アルスの教育係。

“リーツ・ミューセス”差別を受けるマルカ人の少年!についてはこちらから!↓

シャーロット・レイス
孤児で奴隷として売られていた少女。
魔法適性がある。
戦場では『火焔姫』と呼ばれる。

“シャーロット・レイス”元奴隷の少女!についてはこちらから!↓

ロセル・キーシャ
狩りの家に生まれ優秀な兄を持つ末っ子の少年。
軍師・黒田官兵衛を思わせる知能を持つ。

“ロセル・キーシャ”狩りの家系で才能ゼロの少年!についてはこちらから!↓

ミレーユ・グランジオン
元貴族で領地を所持していたが難癖をつけられ追放された。
弟は敵の右腕的存在。
酒が好き、マイペースな性格でトラブルが絶えない。
ロセルの師匠。

“ミレーユ・グランジオン”弟トーマスは敵の右腕?!についてはこちらから!↓

ファム
情報収集が得意な傭兵団『シャドー』のリーダー。
忍者・服部半蔵を思わせる働きぶり。
『悪魔』と呼ばれていたが、アルスといると人間でいられる気がするという理由から家臣になる。

“ファム”傭兵団シャドーのリーダー!についてはこちらから!↓

スポンサーリンク

アルスの許嫁【リシア・プレイド】

アルス9歳のある日突然父親から1つ年上の許嫁がいることを告げられます。

アルスが生まれる1年前にプレイド家の長女と婚約の約束が交わされていたのです。

心の準備ができていないまま迎えた許嫁・リシアは外見よし、仕草も優雅で愛想も良く申し分ない女性でした。

しかし、政治と野心の数値が異常に高かったのです。

野心の高さは裏切りの数値としても捉えられ、アルスは弱小領地ではあるものの乗っ取られるのではないかと警戒しました。

リシアの野心の高さは『地位と才能のある男に見初められること』でした。

アルスとリシアの誤解は解け、手紙のやりとりをはじめお互いを知るにつれかけがえのない相手になりました。

そして、戦の前にアルスはリシアにプロポーズし、2人は結婚しました。

リシアが訪問するその日に許嫁の事を伝える父w

危ない子かと思ったけどいい子だリシア!

野心の高い許嫁“リシア・プレイド”についてはこちらから!↓

スポンサーリンク

父が亡くなり領主を継ぐ

アルスの父・レイヴンは農民出身でした。

独学で剣の練習をし、兵士になり、戦功をあげ領主になりました。

そんなレイヴンが病に倒れ、それは治る病ではないということでした。

病に倒れても戦は待ってくれません。

レイヴンの代わりにアルスが出陣しようとしますが、「戦士の顔になっていない」と止められレイヴンが戦場へ出発しました。

戦は4カ月続き、帰ってきたのはアルスが12歳の誕生日を迎えた4日後でした。

レイヴンの病状は悪化し、回復することはありませんでした。

アルスは最期にレイヴンと会話し、後を任され、レイヴンは息を引き取りました。

アルスはみんなの前で跡を継ぎ当主になったことを宣言しました。

父が築いたローベント家を、まだ弱小のローベント家を自分の力を使い、家を強くし、父の作り出したものを守ろうと決意を固めたのです。

スポンサーリンク

最後に

アルスについてまとめました。

優秀な家臣に慕われるアルス。

弱小貴族からどのように成り上がっていくのか楽しみです。

そんなアルスのステータスがどうなのかも見てみたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました