歴代声優アワード受賞者を一覧でまとめました!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

受賞まとめ
スポンサーリンク

その年に最も印象に残る声優や作品を表彰する『声優アワード』。

2006年度から始まり、年1回年度末の3月に授賞式が行われます。

2022年度の第17回からは『主演』『助演』『新人』部門で、男女別をなくしています。

男女別をなくした経緯を声優アワード実行委員会では、以下のように説明しています。

声優アワード実行委員会では多様性の尊重、ジェンダーフリーに鑑み、この数年議論を積み重ねた結果、第一回声優アワードより設立されている主演・助演・新人の3部門における男女別を統合し、名称を下記に変更することにいたしました。

主演男優賞/主演女優賞⇒主演声優賞
助演男優賞/助演女優賞⇒助演声優賞
新人男優賞/新人女優賞⇒新人声優賞

もとより、声優という仕事は女性が男性キャラクターの声を担当したり、またその逆もありうる等、ジェンダーを飛躍した仕事であります。
これにより、声優の賞であるということによりフォーカスでき、賞の意図が明確に伝わりやすくなると考えます。
賞の目的である「声優の認知」が拡がり、声優の地位向上に寄与できることを考え、今回の部門名称変更に至りました。
(©声優アワード実行委員会より)

第1回からの歴代受賞者を一覧でまとめました。

スポンサーリンク

『声優アワード』部門紹介

【主演声優賞】
対象期間中に発表された作品の中で主演として活躍された声優

【助演声優賞】
対象期間中に発表された作品の中で助演として活躍された声優

【新人声優賞】
下記の条件を満たすもの
・ 原則として声優としてデビュー5年以内
・対象期間中に「新人賞」を取るにふさわしい、特に目立った活躍をされた声優

【歌唱賞】
声優自らの名前もしくは演じている役名で歌唱を発表された声優

【パーソナリティ賞】
声優自らの名前もしくは演じている役名でラジオ、webラジオ、TV、その他の番組でパーソナリティとして活躍された声優

【特別功労賞】
故人の中で、長年に渡り外画も含め多くのジャンルに貢献された声優

【功労賞】
長年に渡り外画も含め多くのジャンルに貢献された声優

【シナジー賞】
作品として声優の魅力を最大限に発揮された作品

【富山敬賞】
作品の出演を含め各方面で活躍された声優(男性)

【高橋和枝賞】
作品の出演を含め各方面で活躍された声優(女性)

【キッズファミリー賞】
子ども達の視点で選ばれた声優

【外国映画・ドラマ賞】
対象期間中に発表された外画吹き替え・海外ドラマ作品の中で活躍された声優

【ゲーム賞】
対象期間中に発表されたゲームの中で活躍された声優

【インフルエンサー賞】
対象期間中、各SNSで最も印象に残った声優

【MVS】
公式ウェブサイトを中心にファンが選ぶ最も活躍した声優

【特別賞】
どの賞にも当てはまらないが、表彰すべき特別な活動をされた声優・作品・活動等

スポンサーリンク

第17回(2022年度)声優アワード受賞者

直近の受賞者をまとめました。

【主演声優賞】 安済 知佳(あんざい ちか)
江口 拓也(えぐち たくや)
種﨑 敦美(たねざき あつみ)
【助演声優賞】 池田 秀一(いけだ しゅういち)
置鮎 龍太郎(おきあゆ りょうたろう)
種﨑 敦美(たねざき あつみ)
【新人声優賞】 梅田 修一朗(うめだ しゅういちろう)
直田 姫奈(すぐた ひな)
永瀬 アンナ(ながせ アンナ)
日向 未南(ひなた みなみ)
若山 詩音(わかやま しおん)
【歌唱賞】 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
大西亜玖璃
相良茉優
前田佳織里
久保田未夢
村上奈津実
鬼頭明里
楠木ともり
指出毬亜
田中ちえ美
小泉萌香
内田秀
法元明菜
【パーソナリティ賞】 該当者なし
【特別功労賞】 実施せず
【功労賞】 秋元 千賀子(あきもと ちかこ)
屋良 有作(やら ゆうさく)
【シナジー賞】 呪術廻戦
【富山敬賞】 諏訪部 順一(すわべ じゅんいち)
【高橋和枝賞】 川村 万梨阿(かわむら まりあ)
【キッズファミリー賞】 大谷 育江(おおたに いくえ)
松本 梨香(まつもと りか)
【外国映画・ドラマ賞】 貫地谷 しほりかんじや しほり)
森川 智之(もりかわ としゆき)
【ゲーム賞】 該当なし
【インフルエンサー賞】 花江 夏樹(はなえ なつき)
【MVS】 江口 拓也(えぐち たくや)
【特別賞】 やくならマグカップも
スポンサーリンク

歴代【主演声優賞】一覧|声優アワード

対象期間中に発表された作品の中で主演として活躍された声優。

主演男優賞 主演女優賞
第1回
(2006年度)
福山 潤(ふくやま じゅん) 朴 璐美(ぱく ろみ)
第2回
(2007年度)
宮野 真守(みやの まもる) 平野 綾(ひらの あや)
第3回
(2008年度)
神谷 浩史(かみや ひろし) 釘宮 理恵(くぎみや りえ)
第4回
(2009年度)
小野 大輔(おの だいすけ) 沢城 みゆき(さわしろ みゆき)
第5回
(2010年度)
該当者なし 豊崎 愛生(とよさき あき)
第6回
(2011年度)
平田 広明(ひらた ひろあき) 悠木 碧(ゆうき あおい)
第7回
(2012年度)
梶 裕貴(かじ ゆうき) 阿澄 佳奈(あすみ かな)
第8回
(2013年度)
梶 裕貴(かじ ゆうき) 佐藤 利奈(さとう りな)
第9回
(2014年度)
小野 大輔(おの だいすけ) 神田 沙也加(かんだ さやか)
第10回
(2015年度)
松岡 禎丞(まつおか よしつぐ) 水瀬 いのり(みなせ いのり)
第11回
(2016年度)
神木 隆之介(かみき りゅうのすけ) 上白石 萌音(かみしらいし もね)
第12回
(2017年度)
豊永 利行(とよなが としゆき) 黒沢 ともよ(くろさわ ともよ)
第13回
(2018年度)
内田 雄馬(うちだ ゆうま) 三瓶 由布子(さんぺい ゆうこ)
第14回
(2019年度)
花江 夏樹(はなえ なつき) 古賀 葵(こが あおい)
第15回
(2020年度)
津田 健次郎(つだ けんじろう) 石川 由依(いしかわ ゆい)
第16回
(2021年度)
小野 賢章(おの けんしょう) 緒方 恵美(おがた めぐみ)
主演声優賞
第17回
(2022年度)
安済 知佳(あんざい ちか)
江口 拓也(えぐち たくや)
種﨑 敦美(たねざき あつみ)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【助演声優賞】一覧|声優アワード

対象期間中に発表された作品の中で助演として活躍された声優。

助演男優賞 助演女優賞
第1回
(2006年度)
石田 彰(いしだ あきら)
宮田 幸季(みやた こうき)
小清水 亜美(こしみず あみ)
後藤 邑子(ごとう ゆうこ)
第2回
(2007年度)
小野 大輔(おの だいすけ)
神谷 浩史(かみや ひろし)
釘宮 理恵(くぎみや りえ)
斎賀 みつき(さいが みつき)
第3回
(2008年度)
井上 和彦(いのうえ かずひこ)
杉田 智和(すぎた ともかず)
遠藤 綾(えんどう あや)
沢城 みゆき(さわしろ みゆき)
第4回
(2009年度)
浪川 大輔(なみかわ だいすけ)
三木 眞一郎(みき しんいちろう)
井上 喜久子(いのうえ きくこ)
堀江 由衣(ほりえ ゆい)
第5回
(2010年度)
岡本 信彦(おかもと のぶひこ)
中井 和哉(なかい かずや)
新井 里美(あらい さとみ)
伊藤 かな恵(いとう かなえ)
第6回
(2011年度)
木村 良平(きむら りょうへい)
宮野 真守(みやの まもる)
加藤 英美里(かとう えみり)
第7回
(2012年度)
小野 友樹(おの ゆうき)
諏訪部 順一(すわべ じゅんいち)
大原 さやか(おおはら さやか)
戸松 遥(とまつ はるか)
第8回
(2013年度)
細谷 佳正(ほそや よしまさ) 石川 由依(いしかわ ゆい)
第9回
(2014年度)
小西 克幸(こにし かつゆき)
森川 智之(もりかわ としゆき)
沢城 みゆき(さわしろ みゆき)
花澤 香菜(はなざわ かな)
第10回
(2015年度)
鈴村 健一(すずむら けんいち)
細谷 佳正(ほそや よしまさ)
伊藤 静(いとう しずか)
早見 沙織(はやみ さおり)
第11回
(2016年度)
大塚 芳忠(おおつか ほうちゅう) 潘 めぐみ(はん めぐみ)
第12回
(2017年度)
諏訪部 順一(すわべ じゅんいち) 大西 沙織(おおにし さおり)
佐倉 綾音(さくら あやね)
第13回
(2018年度)
古谷 徹(ふるや とおる)
三宅 健太(みやけ けんた)
芹澤 優(せりざわ ゆう)
東山 奈央(とうやま なお)
第14回
(2019年度)
石川 界人(いしかわ かいと)
古川 慎(ふるかわ まこと)
種﨑 敦美(たねざき あつみ)
第15回
(2020年度)
子安 武人(こやす たけひと)
島﨑 信長(しまざき のぶなが)
上田 麗奈(うえだ れいな)
鬼頭 明里(きとう あかり)
第16回
(2021年度)
立木 文彦(たちき ふみひこ)
中村 悠一(なかむら ゆういち)
小松 未可子(こまつ みかこ)
高橋 李依(たかはし りえ)
助演声優賞
第17回
(2022年度)
池田 秀一(いけだ しゅういち)
置鮎 龍太郎(おきあゆ りょうたろう)
種﨑 敦美(たねざき あつみ)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【新人声優賞】一覧|声優アワード

「 原則として声優としてデビュー5年以内」「対象期間中に「新人賞」を取るにふさわしい、特に目立った活躍をされた声優」。

新人男優賞 新人女優賞
第1回
(2006年度)
柿原 徹也(かきはら てつや)
森田 成一(もりた まさかず)
鹿野 優以(かの ゆい)
平野 綾(ひらの あや)
第2回
(2007年度)
羽多野 渉(はたの わたる)
代永 翼(よなが つばさ)
加藤 英美里(かとう えみり)
小林 ゆう(こばやし ゆう)
第3回
(2008年度)
岡本 信彦(おかもと のぶひこ)
梶 裕貴(かじ ゆうき)
阿澄 佳奈(あすみ かな)
戸松 遥(とまつ はるか)
第4回
(2009年度)
阿部 敦(あべ あつし)
前野 智昭(まえの ともあき)
伊藤 かな恵(いとう かなえ)
豊崎 愛生(とよさき あき)
第5回
(2010年度)
内山 昂輝(うちやま こうき) 金元 寿子(かねもと ひさこ)
佐藤 聡美(さとう さとみ)
第6回
(2011年度)
江口 拓也(えぐち たくや)
松岡 禎丞(まつおか よしつぐ)
茅野 愛衣(かやの あい)
三上 枝織(みかみ しおり)
第7回
(2012年度)
島﨑 信長(しまざき のぶなが)
山本 和臣(やまもと かずとみ)
石原 夏織(いしはら かおり)
大久保 瑠美(おおくぼ るみ)
第8回
(2013年度)
石川 界人(いしかわ かいと)
山下 大輝(やました だいき)
内田 真礼(うちだ まあや)
第9回
(2014年度)
逢坂 良太(おおさか りょうた)
斉藤 壮馬(さいとう そうま)
花江 夏樹(はなえ なつき)
雨宮 天(あまみや そら)
上田 麗奈(うえだ れいな)
洲崎 綾(すざき あや)
第10回
(2015年度)
梅原 裕一郎(うめはら ゆういちろう)
武内 駿輔(たけうち しゅんすけ)
村瀬 歩(むらせ あゆむ)
上坂 すみれ(うえさか すみれ)
高橋 李依(たかはし りえ)
田中 あいみ(たなか あいみ)
第11回
(2016年度)
伊藤 節生(いとう せつお)
内田 雄馬(うちだ ゆうま)
小林 裕介(こばやし ゆうすけ)
小澤 亜李(おざわ あり)
千本木 彩花(せんぼんぎ さやか)
田中 美海(たなか みなみ)
第12回
(2017年度)
西山 宏太朗(にしやま こうたろう)
堀江 瞬(ほりえ しゅん)
八代 拓(やしろ たく)
七瀬 彩夏(ななせ あやか)
福緒 唯(ふくお ゆい)
第13回
(2018年度)
天﨑 滉平(あまさき こうへい)
石井 マーク(いしい マーク)
落合 福嗣(おちあい ふくし)
仲村 宗悟(なかむら しゅうご)
石見 舞菜香(いわみ まなか)
楠木 ともり(くすのき ともり)
林 鼓子(はやし ここ)
本泉 莉奈(ほんいずみ りな)
本渡 楓(ほんど かえで)
第14回
(2019年度)
大塚 剛央(おおつか たけお)
梶原 岳人(かじわら がくと)
醍醐 虎汰朗(だいご こたろう)
福原 かつみ(ふくはら かつみ)
矢野 奨吾(やの しょうご)
朝日奈 丸佳(あさひな まどか)
岡咲 美保(おかさき みほ)
島袋 美由利(しまぶくろ みゆり)
鈴代 紗弓(すずしろ さゆみ)
ファイルーズ あい
森 七菜(もり なな)
第15回
(2020年度)
伊藤 昌弘(いとう まさひろ)
小林 千晃(こばやし ちあき)
土屋 神葉(つちや しんば)
逢来 りん(あいら りん)
市ノ瀬 加那(いちのせ かな)
杉山 里穂(すぎやま りほ)
藤原 夏海(ふじわら なつみ)
和氣 あず未(わき あずみ)
第16回
(2021年度)
市川 蒼(いちかわ あおい)
川島 零士(かわしま れいじ)
佐藤 元(さとう げん)
相川 奏多(あいかわ かなた)
赤尾 ひかる(あかお ひかる)
稗田 寧々(ひえだ ねね)
矢野 妃菜喜(やの ひなき)
新人声優賞
第17回
(2022年度)
梅田 修一朗(うめだ しゅういちろう)
直田 姫奈(すぐた ひな)
永瀬 アンナ(ながせ アンナ)
日向 未南(ひなた みなみ)
若山 詩音(わかやま しおん)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【歌唱賞】一覧|声優アワード

声優自らの名前もしくは演じている役名で歌唱を発表された声優。

歌唱賞
第1回
(2006年度)
水樹奈々
第2回
(2007年度)
もってけ!セーラーふく
平野綾
加藤英美里
福原香織
遠藤綾
第3回
(2008年度)
中島愛
第4回
(2009年度)
放課後ティータイム
豊崎愛生
日笠陽子
佐藤聡美
寿美菜子
竹達彩奈
第5回
(2010年度)
茅原実里
第6回
(2011年度)
ST☆RISH
寺島拓篤
鈴村健一
谷山紀章
宮野真守
諏訪部順一
下野紘
第7回
(2012年度)
後ろから這いより隊G
阿澄佳奈
松来未祐
大坪由佳
第8回
(2013年度)
宮野真守
第9回
(2014年度)
μ’s
新田恵海
南條愛乃
内田彩
三森すずこ
飯田里穂
Pile
楠田亜衣奈
久保ユリカ
徳井青空
第10回
(2015年度)
i☆Ris
山北早紀
芹澤優
茜屋日海夏
若井友希
久保田未夢
澁谷梓希
第11回
(2016年度)
Aqours
伊波杏樹
逢田梨香子
諏訪ななか
小宮有紗
斉藤朱夏
小林愛香
高槻かなこ
鈴木愛奈
降幡愛
第12回
(2017年度)
どうぶつビスケッツ×PPP
尾崎由香
小野早稀
本宮佳奈
相羽あいな
築田行子
佐々木未来
根本流風
田村響華
第13回
(2018年度)
ヒプノシスマイク
木村昴
石谷春貴
天﨑滉平
浅沼晋太郎
駒田航
神尾晋一郎
白井悠介
野津山幸宏
斉藤壮馬
速水奨
木島隆一
伊東健人
第14回
(2019年度)
Roselia
相羽あいな
工藤晴香
中島由貴
櫻川めぐ
志崎樺音
第15回
(2020年度)
ワルキューレ
JUNNA
鈴木みのり
安野希世乃
東山奈央
西田望見
第16回
(2021年度)
斉藤壮馬
第17回
(2022年度)
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
大西亜玖璃
相良茉優
前田佳織里
久保田未夢
村上奈津実
鬼頭明里
楠木ともり
指出毬亜
田中ちえ美
小泉萌香
内田秀
法元明菜
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【パーソナリティ賞】一覧|声優アワード

声優自らの名前もしくは演じている役名でラジオ、webラジオ、TV、その他の番組でパーソナリティとして活躍された声優。

パーソナリティ賞
第1回
(2006年度)
浅野 真澄(あさの ますみ)
第2回
(2007年度)
鈴村 健一(すずむら けんいち)
第3回
(2008年度)
神谷 浩史(かみや ひろし)
第4回
(2009年度)
小野坂 昌也(おのさか まさや)
第5回
(2010年度)
豊崎 愛生(とよさき あき)
第6回
(2011年度)
井口 裕香(いぐち ゆか)
第7回
(2012年度)
岩田 光央(いわた みつお)
第8回
(2013年度)
該当者なし
第9回
(2014年度)
小野 大輔(おの だいすけ)
神谷 浩史(かみや ひろし)
第10回
(2015年度)
鈴村 健一(すずむら けんいち)
第11回
(2016年度)
花江 夏樹(はなえ なつき)
第12回
(2017年度)
佐倉 綾音(さくら あやね)
大西 沙織(おおにし さおり)
第13回
(2018年度)
諏訪部 順一(すわべ じゅんいち)
第14回
(2019年度)
森久保 祥太郎(もりくぼ しょうたろう)
第15回
(2020年度)
安元 洋貴(やすもと ひろき)
第16回
(2021年度)
櫻井 孝宏(さくらい たかひろ)
第17回
(2022年度)
該当者なし
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【特別功労賞】一覧|声優アワード

故人の中で、長年に渡り外画も含め多くのジャンルに貢献された声優。

特別功労賞
第1回
(2006年度)
富山 敬(とみやま けい)
第2回
(2007年度)
城 達也(じょう たつや)
第3回
(2008年度)
武藤 礼子(むとう れいこ)
第4回
(2009年度)
高橋 和枝(たかはし かずえ)
第5回
(2010年度)
野沢 那智(のざわ なち)
第6回
(2011年度)
小林 修(こばやし おさむ)
滝口 順平(たきぐち じゅんぺい)
渡部 猛(わたべ たけし)
第7回
(2012年度)
青野 武(あおの たけし)
第8回
(2013年度)
内海 賢二(うつみ けんじ)
来宮 良子(きのみや りょうこ)
第9回
(2014年度)
実施せず
第10回
(2015年度)
第11回
(2016年度)
第12回
(2017年度)
第13回
(2018年度)
第14回
(2019年度)
第15回
(2020年度)
第16回
(2021年度)
第17回
(2022年度)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【功労賞】一覧|声優アワード

長年に渡り外画も含め多くのジャンルに貢献された声優。

功労賞
第1回
(2006年度)
大平 透(おおひら とおる)
池田 昌子(いけだ まさこ)
小原 乃梨子(おはら のりこ)
向井 真理子(むかい まりこ)
第2回
(2007年度)
野沢 那智(のざわ なち)
羽佐間 道夫(はざま みちお)
来宮 良子(きのみや りょうこ)
第3回
(2008年度)
内海 賢二(うつみ けんじ)
富田 耕生(とみた こうせい)
永井 一郎(ながい いちろう)
第4回
(2009年度)
玄田 哲章(げんだ てっしょう)
杉山 佳寿子(すぎやま かずこ)
田中 信夫(たなか のぶお)
第5回
(2010年度)
ささき いさお
鈴木 弘子
(すずき ひろこ)
矢島 正明(やじま まさあき)
第6回
(2011年度)
麻生 美代子(あそう みよこ)
肝付 兼太(きもつき かねた)
第7回
(2012年度)
近石 真介(ちかいし しんすけ)
野沢 雅子(のざわ まさこ)
第8回
(2013年度)
キートン 山田(キートン やまだ)
納谷 六朗(なや ろくろう)
第9回
(2014年度)
大竹 宏(おおたけ ひろし)
白石 冬美(しらいし ふゆみ)
第10回
(2015年度)
千々松 幸子(ちぢまつ さちこ)
中村 正(なかむら ただし)
野村 道子(のむら みちこ)
第11回
(2016年度)
小林 清志(こばやし きよし)
清水 マリ(しみず まり)
堀 絢子(ほり じゅんこ)
第12回
(2017年度)
片岡 富枝(かたおか とみえ)
増岡 弘(ますおか ひろし)
第13回
(2018年度)
緒方 賢一(おがた けんいち)
京田 尚子(きょうだ ひさこ)
第14回
(2019年度)
矢田 稔(やだ みのる)
高坂 真琴(こうさか まこと)
第15回
(2020年度)
津嘉山 正種(つかやま まさね)
増山 江威子(ますやま えいこ)
第16回
(2021年度)
麻上 洋子(あさがみ ようこ)
(一龍斎 春水(いちりゅうさい はるみ))
池水 通洋(いけみず みちひろ)
第17回
(2022年度)
秋元 千賀子(あきもと ちかこ)
屋良 有作(やら ゆうさく)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【シナジー賞】一覧|声優アワード

作品として声優の魅力を最大限に発揮された作品。

シナジー賞
第1回
(2006年度)
ポケットモンスター
(松本梨香)
第2回
(2007年度)
仮面ライダー電王
(関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一)
第3回
(2008年度)
鉄腕アトム
(清水マリ、水垣洋子、勝田久)
第4回
(2009年度)
機動戦士ガンダム
(古谷徹、池田秀一)
第5回
(2010年度)
名探偵コナン
(高山みなみ)
第6回
(2011年度)
イナズマイレブン』シリーズ
(竹内順子、寺崎裕香)
第7回
(2012年度)
タツノコプロ50周年
(大平透、森功至、岡本茉利、小原乃梨子)
第8回
(2013年度)
ガールズ&パンツァー
(渕上舞)
第9回
(2014年度)
妖怪ウォッチ
(戸松遥、関智一)
第10回
(2015年度)
ちびまる子ちゃん
(TARAKO)
第11回
(2016年度)
君の名は。
第12回
(2017年度)
怪盗グルーのミニオン大脱走
(スチュアート)
第13回
(2018年度)
ポプテピピック
(ポプ子、ピピ美)
第14回
(2019年度)
鬼滅の刃
第15回
(2020年度)
プレミア音楽朗読劇
VOICARION IX 帝国声歌舞伎~信長の犬~
第16回
(2021年度)
エヴァンゲリオンシリーズ
第17回
(2022年度)
呪術廻戦
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【富山敬賞】一覧|声優アワード

作品の出演を含め各方面で活躍された声優(男性)。

第5回から【高橋和枝賞】ができ男女別の賞になったため、第4回までは男女共通の賞でした。

富山敬賞
第1回
(2006年度)
第2回
(2007年度)
古谷 徹(ふるや とおる)
第3回
(2008年度)
山寺 宏一(やまでら こういち)
第4回
(2009年度)
水樹 奈々(みずき なな)
第5回
(2010年度)
小山 力也(こやま りきや)
第6回
(2011年度)
堀内 賢雄(ほりうち けんゆう)
第7回
(2012年度)
三ツ矢 雄二(みつや ゆうじ)
第8回
(2013年度)
三木 眞一郎(みき しんいちろう)
第9回
(2014年度)
大塚 明夫(おおつか あきお)
第10回
(2015年度)
森久保 祥太郎(もりくぼ しょうたろう)
第11回
(2016年度)
中尾 隆聖(なかお りゅうせい)
第12回
(2017年度)
チョー
第13回
(2018年度)
山口 勝平(やまぐち かっぺい)
第14回
(2019年度)
水島 裕(みずしま ゆう)
第15回
(2020年度)
関 俊彦(せき としひこ)
第16回
(2021年度)
鈴村 健一(すずむら けんいち)
第17回
(2022年度)
諏訪部 順一(すわべ じゅんいち)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【高橋和枝賞】一覧|声優アワード

作品の出演を含め各方面で活躍された声優(女性)。

高橋和枝賞
第1回
(2006年度)
第2回
(2007年度)
第3回
(2008年度)
第4回
(2009年度)
第5回
(2010年度)
田中 真弓(たなか まゆみ)
第6回
(2011年度)
戸田 恵子(とだ けいこ)
第7回
(2012年度)
緒方 恵美(おがた めぐみ)
第8回
(2013年度)
三石 琴乃(みついし ことの)
第9回
(2014年度)
高島 雅羅(たかしま がら)
第10回
(2015年度)
井上 喜久子(いのうえ きくこ)
第11回
(2016年度)
島本 須美(しまもと すみ)
第12回
(2017年度)
冨永 みーな(とみなが みーな)
第13回
(2018年度)
かない みか
第14回
(2019年度)
深見 梨加(ふかみ りか)
第15回
(2020年度)
榊原 良子(さかきばら よしこ)
第16回
(2021年度)
岩男 潤子(いわお じゅんこ)
第17回
(2022年度)
川村 万梨阿(かわむら まりあ)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【キッズファミリー賞】一覧|声優アワード

子ども達の視点で選ばれた声優。

キッズ・ファミリー賞
第1回
(2006年度)
第2回
(2007年度)
第3回
(2008年度)
第4回
(2009年度)
水田 わさび(みずた わさび)
第5回
(2010年度)
竹内 順子(たけうち じゅんこ)
第6回
(2011年度)
大谷 育江(おおたに いくえ)
第7回
(2012年度)
田中 真弓(たなか まゆみ)
第8回
(2013年度)
比嘉 久美子(ひが くみこ)
第9回
(2014年度)
小桜 エツコ(こざくら エツコ)
第10回
(2015年度)
ピエール・コフィン
第11回
(2016年度)
ペット』キャスト一同
第12回
(2017年度)
該当者なし
第13回
(2018年度)
TARAKO(たらこ)
第14回
(2019年度)
ムーミン谷のなかまたち』キャスト一同
第15回
(2020年度)
中川 里江(なかがわ りえ)
第16回
(2021年度)
津久井 教生(つくい きょうせい)
第17回
(2022年度)
大谷 育江(おおたに いくえ)
松本 梨香(まつもと りか)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【外国映画・ドラマ賞】一覧|声優アワード

対象期間中に発表された外画吹き替え・海外ドラマ作品の中で活躍された声優。

外国映画・ドラマ賞
第13回
(2018年度)
森川 智之(もりかわ としゆき)
甲斐田 裕子(かいだ ゆうこ)
第14回
(2019年度)
山寺 宏一(やまでら こういち)
田中 敦子(たなか あつこ)
第15回
(2020年度)
山路 和弘(やまじ かずひろ)
小宮 和枝(こみや かずえ)
第16回
(2021年度)
楠 大典(くすのき たいてん)
東條 加那子(とうじょう かなこ)
第17回
(2022年度)
貫地谷 しほりかんじや しほり)
森川 智之(もりかわ としゆき)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【ゲーム賞】一覧|声優アワード

対象期間中に発表されたゲームの中で活躍された声優。

ゲーム賞
第13回
(2018年度)
東山 奈央(とうやま なお)
第14回
(2019年度)
酒井 広大(さかい こうだい)
第15回
(2020年度)
該当なし
第16回
(2021年度)
ウマ娘 プリティーダービー
第17回
(2022年度)
該当なし
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【インフルエンサー賞】一覧|声優アワード

対象期間中、各SNSで最も印象に残った声優。

インフルエンサー賞
第13回
(2018年度)
(なんじょう よしの)
第14回
(2019年度)
宮野 真守(みやの まもる)
第15回
(2020年度)
小岩井 ことり(こいわい ことり)
第16回
(2021年度)
関 智一(せき ともかず)
第17回
(2022年度)
花江 夏樹(はなえ なつき)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【MVS】一覧|声優アワード

公式ウェブサイトを中心にファンが選ぶ最も活躍した声優。

MVS
第13回
(2018年度)
神谷 浩史(かみや ひろし)
第14回
(2019年度)
神谷 浩史(かみや ひろし)
第15回
(2020年度)
下野 紘(しもの ひろ)
第16回
(2021年度)
下野 紘(しもの ひろ)
第17回
(2022年度)
江口 拓也(えぐち たくや)
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

歴代【特別賞】一覧|声優アワード

どの賞にも当てはまらないが、表彰すべき特別な活動をされた声優・作品・活動等。

特別賞
第1回
(2006年度)
第2回
(2007年度)
第3回
(2008年度)
第4回
(2009年度)
第5回
(2010年度)
第6回
(2011年度)
絵本読み聞かせキャラバン隊
(中尾隆聖、川上とも子)
第7回
(2012年度)
該当なし
第8回
(2013年度)
それいけ!アンパンマン
(戸田恵子、中尾隆聖)
第9回
(2014年度)
Wake Up, Girls!
(吉岡茉祐、田中美海、青山吉能)
第10回
(2015年度)
A応P
第11回
(2016年度)
のん
第12回
(2017年度)
リカちゃん誕⽣50周年:松谷孝征
第13回
(2018年度)
ちびまる子ちゃん
第14回
(2019年度)
ぴえろ40周年:鈴木拡樹
第15回
(2020年度)
鬼滅の刃
第16回
(2021年度)
竜とそばかすの姫
第17回
(2022年度)
やくならマグカップも
第18回
(2023年度)
スポンサーリンク

最後に

声優アワードについてまとめました。

その年に最も活躍した声優の賞。

毎年誰が受賞されるのか楽しみにしていますね!

応援してます!

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました